● うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法

こんにちは。柏 智香です。

うつ病で、カウンセリングに来られるクライアントさまは、「このまま薬を飲み続けるのは不安です。何とか薬を減らしたいです。」とおっしゃる方が多いです。

「風邪薬なら良くなったら飲まなくてもいいのに、うつの薬は再発防止のために飲み続けてください!と医師に言われ、不安でたまりません。」

「一体、いつになれば薬が止められるのでしょうか?

このままだと、一生、精神科と縁が切れないです。」と嘆かれて、藁をもすがる思いでカウンセリングに来られます。

私自身、過去にうつ病で寝たきりになったときは毎日死ぬことばかり、考えていました。

食欲もなく、入浴しようとしたら、脱衣所で泡を吹い倒れたことも、ありました。

記憶力も落ちて、成績がガタ落ちしました。

でも、大丈夫です!

あなたご自身が持つ力でちゃんと、うつ病から立ち直れますよ!

身体を鍛えれば筋肉がつくように、こころも鍛えれば強くなります。

希望者には、「うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法」をお伝えしています♪

以下、読者さまからのご感想です。

メルマガの内容で、自分の中で励まされる言葉、普段の生活に取り入れられそうな内容が書かれてある記事をブックマークに登録しています。

・うつ病が治る!と強くイメージする~2015.9.14発行~

この記事、とても参考になりました。なるほどな~と納得させられました。

この呼吸、今でもよくやっています。

・魔法の言葉~2015.9.20発行~

薬を飲むのに、かなりの罪悪感や迷い、このままやめられなくなったら…という恐怖があり辛かったんです。

でも、この記事で心が救われ、いつか必ず断薬すると心に固く誓えました。

・うつ病で、不安感が強いあなたへ ~2015.5.15~

このヒーリングミュージックをよく聞いていました。

・こころについて学んで、楽になりました!~2015.6.11発行~

最後の方の文で、《うつ病なんて、ホントはないんですよ。ものごとの捉え方が、ちょっと違うだけです。》

そうなんだ、そんなもの(うつ病)なんてなんいんだ。なーんだ、そうか。と心が軽くなりました。

・うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法~2015.5.15日発行~

柏さんの経験を知り励まされ、そして最後の《うつ病は、必ず良くなりますから!まずは、自分を信じることです。》

が、グサッと心に刺さりました。

私にも絶対できる!そんな日が来る!ときっと大丈夫!って、心が救われました。

でも、柏さんのメルマガに出会ってなければ、まだまだ辛さから抜け出せてなかったかもしれません。

ブログも読んでます。

もし、自分の回りに辛い人がいたら、柏さんのブログやメルマガ勧めたいと思います(o^-^o)

うつ病回復方法を読むだけで、考え方の修正が出来、うつがどんどん楽になっていきます~♪

・向精神薬をやめて、1年経ちました!(50代男性)

私は、断薬してもう1年になります。

月1回はクリニックの主治医と面談は継続しています。

3月末で精神障害2級の手帳が更新なのですが…

更新しないことになりました。

智香先生のお陰です。

本当に感謝です。

うつ病のパターンに気付くと、あなたも薬を減らせるようになります。

13年間の精神科通院を卒業!!(40代男性)

ちかちゃん、こんにちは!

平成14年5月から始まりました、13年間の精神科通院が終了になりました。

最後は、主治医も私も、お互い納得した形で終わらせたと思ってます。

双極性障害で、投薬、診察を終わらせるのは、無謀な行為かもしれませんが、主治医の口からは、ごく稀にいると、おっしゃいました。

私は、投薬、通院終わらせ、そのごく稀な部類です。

私は、今年1月は精神的にも参ってた事もあり、休職し、こんな職場なんて、いつでも辞めて、また次探せばと安易に気楽に、この先「ながら」にしていこうと、いつも思ってました。

昨年、たまたま始めたアメブロ。

たまたま読んで下さったカウンセラーの「ちかちゃん」の所に飛び込みました。

私生活の面から、あらゆる所で指導されまた、「考え方の癖」これも私自身、変わってきてるつもりです。

この先通院だけはしないよう、自身でコントロールしていきます。

これだけは理解してほしいですが、開き直ったり、先の事とかどうでもよいとか考えたりしてません。

カウンセリングから、投薬、通院に疑問を感じとった事それだけです。

あと、先ほどの「考え方の癖」を直しただけです。

不平不満など言っても、自分自身更に追い込み、落ちるだけです。

あと、他人の悪口などもう、そのような事は言わない事にしたいです。

最近、休みの日は出っぱしで一日中、家でゆっくりする時間を作ってません。

家で、ゆっくり身体を休め自分自身を見つめ直す、そういう時間も必要だと思いました。

これは、「ちかちゃん」が言った言葉です。

投薬、通院を終わらせたのも、ちかちゃんとのカウンセリングから始まったのは確かです!

ありがとうございました!!

うつ独特の考え方のパターンを直すことで、こころが安定し、メキメキうつが快復します。

13年間毎日飲み続けていた、精神薬がついに不要に!!(40代男性)

ちかちゃんへ

さっき診察が終わり、平成14年5月から13年間毎日飲んでいた薬が、今日で終わりになりました。

念のため、頓服は2錠処方されたけど、飲まないで生活できるかもしれません。

先月下旬から、家の事で忙しく薬を飲み忘れたけど、自分自身も薬はもう必要ないと思ってます。

今年1月に、カウンセリングを始める前は15錠飲んでた薬が、たった8ヶ月で、0錠になりました!!

自分でも全く想像していなかったです。

診察は、3ヶ月後で、通院はまだ続きますが、いつか精神科通院も終わりになると思ってます。

急いでメールをうったので乱文だけど、ちかちゃん、ありがとうございます。

うつ病快復方法を知り、コツコツ実践されると、やがては、あなたも精神科を卒業出来るようになれます。

引きこもりから脱出して、クスリも減り元気に(40代男性)

智香先生のメルマガとブログを、いつも楽しみに読ませてもらってます。

2年前、早朝に目がさめるようになり、ぐっすり眠れなくなりました。

朝起きれなくなり、クリニックで抑うつ状態と診断を受けて、休職して自宅療養していました。

何も出来ずに苦しくて、安定剤をのんでは寝ているという、引きこもり状態になり、入院を進められました。

それで、今年の8月、ついに通院も出来なくなりました。

が、身内の葬式がきっかけで、必要に迫られ外出するようになり、抑うつ状態が、だんだんよくなってきました。

現在は、智香先生のブログ記事に書かれてたとおり、太陽を浴びながら近所を散歩出来るようになるまで快復し、最近はクスリも減り、少しづつ元気になってきています。

智香先生のアドバイス、アメンバー記事、メルマガ のおかげです♪

ありがとうございます。

アドバイス通りに生活を変えていくと、クスリも減らせ、どんどんお元気になります。

うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法を読ませていただいて、心うたれました。(神戸市・Yさま)

よく苦しみの期間を耐えられて、ここまで来られ今、病と闘っている方たちのために働いていらっしゃることと思います。

うつ病も、再発を繰り返すごとに、自分の取り扱い方がわかってくるというのは、すごいことだと思います。

がんばるのをやめるというよりも、意識的に自分をコントロールすることができるのですねー。

自分でノートに記録して、快復の助けにすることも、すごいことだと思いました。


認知行動療法が、ほんとうに効果あることを見せていただけたような気がして、うれしいです。

バケツの中の古い水(嫌な過去)を捨てると、新しい綺麗な水(幸せな未来)を注げることを楽しみにします。

感謝をこめて、柏先生が今日も、ステキな1日を出発くださることを願います。

うつ病ですと、否定的な捉え方をされますが、考え方の癖を直すことで再発も防げます。

とても、励みになります。 (和歌山県・Mさま)

頑張って気をつけてても、ヤケになったら,すぐ冷たいものや甘いものに手を出してたので(^_^)

また、ちゃんと生活向上に努めようと思いました。

いつ社会復帰できるのか、先行き不安です。

うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法を拝見させていただきながら、がんばりたいと思います!

身体を温めたり、腸をキレイにする食材を摂ることを習慣にすると、うつ病の再発もふせげます。

うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法

こちらでは、減薬〜断薬のことやうつ病を回復させる実例をお届けしています。

もちろん、読者登録は無料です。

1:パソコン版

パソコン版の登録はこちらから

2:携帯版

携帯は、2つの登録方法があります。

携帯で登録される方は、mag2.comからのメールが届くように、先に受信設定をお願いします。

こちらに空メールで登録できます。

・過去の記事

携帯からバックナンバーを見て、登録できます。

ニトリ徳島北店から車で2分
松茂町のうつ病専門カウンセリングルーム

営業時間:10時~18時(火日祝定休)

徳島県板野郡松茂町広島

うつ病、クスリに頼らずどんどん元気になる方法

カウンセリングメニュー
(対面・電話・メール)

アクセス

お客さまの声

スケジュール

お問い合わせ

鳴門市、板野郡松茂町、北島町、藍住町、徳島市、小松島市、兵庫県、奈良県、愛知県、長野県、静岡県、神奈川県、埼玉県、千葉県、秋田県、青森県など、全国からのご相談をいただいております。

うつ病で薬に頼りたくない方、男女共にご相談に応じます。